番組審議委員会

株式会社FM IS 第5回放送番組審議会議事録

1.開催年月日

平成26年4月10日(木) 19:00~20:00

2.開催場所

株式会社FM IS事務所
静岡県伊豆市柏久保1304番地
オリエンタルマンション1階

3.委員の出席

委員総数  5名
出席委員数 3名

出席委員の氏名:野田 治久(欠席)
        金刺 義夫(欠席) ※退任の意向
        大木 一行(後任)
        高橋 満春
        関 文子(欠席)
        服部 保江

放送事業者側出席者名:松谷 芳比呂 社長
           鈴木 勤 局長

4.議題

・番組審議員の変更について
・審議番組 (コーナー) :CDレンタルランキング P:右原 紗希
金曜日 19時00分~20時00分

5.番組審議員の変更について

金刺さんの退任に伴い、金刺さんから土肥地区からということで推薦いただいた大木さんに今回から審議に参加いただきます。

6.議事の概要

・審議番組の内容へのご意見
番組を実際に聞いてみて

<コーナー説明>
FM ISのリスナー層が少ないと想定している18歳~30代の年代を意識した番組
TSUTAYA修善寺店より情報提供いただき、CDのシングル・アルバムのレンタルランキングと楽曲を紹介、DVDのレンタルランキング、本の売上ランキングも紹介しております。右原がパーソナリティを担当しています。

<若者向け番組について>
[松谷社長]
アンケートの結果として30%以上の聴取率(よく聞くと答えて頂いた方)、の結果が出た中、弱いと言われていたのが、年配層と若年層です。
年配層はインタビュー番組を開始し、聴いて頂いているとのお声をたくさんいただくようになったが20代前後の若年層はまだまだである。
若年層をターゲットとした番組として、開局当初から音楽のランキング番組を行っている。
今回は若者向けとての位置づけのこの番組を聞いていただき、ご意見をいただきたいです。

[鈴木局長]
スタジオの前の地元のレンタルショップのランキングをお送りしており、地元の若い方に聴いていていただきたいと思っています。

7.審議内容

実際に放送に聞いてみて
[ 委員 ]デイタイムで聞きたい、若い人が聴いている時間を意識せず、週1回ではなくもっといろんな時間で放送したらどうか。
      番組内の一部でもいいので、もう少し若い人が曲を流してほしい。
      若い方との交流のためにも多少知っていたいと思うので、他の年代向けの番組やコーナーで流して、新しい曲を知る時間があるといい。
[ 委員 ]若い世代に聞いてもらえる時間帯は実際この時間帯なのか。
[松谷社長]アンケートをとった結果、リスナーが多い、聴いている時間帯が平準化している
      それぞれの生活スタイルに併せて聞いてもらっているようで、一概にどの時間帯がというのは難しい
[ 委員 ]通勤中が一番聞かれていると思われるが、実際のところ、年配者向けの音楽が多くてよいと感じている。
      自営が多くて、農作業中などに聴いている人がお多いと思うので、やはり聴いている年代も少し高いのでは。
      ただ、同じ曲がよく流れると覚える、何回も聞くといい歌と感じるようになるから、最近の曲も、いろんな時間帯に流せばよいと思う。
[松谷社長]繰り返して流すこと、年配者向けなどの番組内でやるのは良い発想だと思う。次の改編時に検討したい。
[ 委員 ]昔の童謡や、アニメなども題材にするとよいのでは。教育的にも良い
[松谷社長]さまざまな時代の子供向けの歌は平日コーナーで流している。こちらも時間帯など強く意識せず、流していくことも検討したい。
      実際、小中学生はよく聴いていいただいており。幅広い年代に聴いていいただいている
      ただし、主に20代の前後がまだまだ。ここはやはり課題である。
      また、アプリ、WEBで全国から聞いていただている。放送しているパーソナリティの影響もあり、リスナーが伊豆市外でも増えている。
      いただいた意見を参考にもう少し幅広く考えて、若者のリスナーを増やしたいと思います。