番組審議委員会

株式会社FM IS 第1回放送番組審議会議事録

1.開催年月日

平成25年 6月 6日(木) 19:00~20:30

2.開催場所

株式会社FM IS事務所
静岡県伊豆市柏久保1304番地
オリエンタルマンション1階

3.委員の出席

委員総数  5名
出席委員数 5名

出席委員の氏名:野田 治久
        金刺 義夫
        高橋 満春
        関 文子
        服部 保江

放送事業者側出席者名:鈴木 勤 局長
           安藤 友里恵
           飯塚 美和子
           大川 健也
           松谷 芳比呂

4.議題

放送番組審議委員会規程、放送番組編集基準、放送番組編集基本計画の説明、
番組審議委員会役割についての説明および、座長の選任

5.議事の概要

・スタッフ自己紹介
・審議委員自己紹介
・開局に向けた進捗状況の説明
・鈴木局長より、株式会社FM IS放送番組審議委員会規程、放送番組編集基準、放送番組編集基本計画について説明し、承認を受けた。
 あわせて、番組審議委員の役割及び、番組審議委員会の開催は毎月1回を原則とし、報酬はないことを説明。いずれも全員の了解を得た。
・座長の選任は、高橋 満春氏で全員が賛成した。

6.審議内容

〔 委員 〕放送番組審議会規程8条に、「当会から出された意見は尊重し」とあるが、どの程度まで意見をすべきなのか。
      番組、コマーシャルともに意見してよいのか。
〔鈴木局長〕放送されるもの全てについて、ご意見をいただきたい。
〔 委員 〕修善寺温泉場で開催されるイベントなどは、地域全体の利益につながるので、無償で広告することは出来ないか。
〔鈴木局長〕伊豆市内のイベントについては、伊豆市役所からの広告出稿として、いくつか放送を予定している。
      その他のイベントについても、特定の企業が利益を得るものでなければ、放送していきたい。
〔 委員 〕方言について、言葉が不快感を与えなければ、積極的に放送上で使ってほしい。
〔鈴木局長〕地元の言い回しや表現などは、極力尊重していきたい。標準語として間違っていても、伊豆市で伝わりやすい表現を採用したい。
〔 委員 〕スポンサーとなる企業が、反社会的勢力でないことをどのように識別・確認するのか。
〔鈴木局長〕申込用紙等に記入していただく際、チェック欄を設けることを検討する。
      また、警察・生活安全課とは既に振り込め詐欺等の情報で連携を取っているため、確認を取ることも可能。
〔 委員 〕飛び入りワンコインCMを放送する際、内容について確認する必要があるのではないか。
〔鈴木局長〕放送する前に必ず確認作業を行います。
〔 委員 〕お昼の時間帯は聴取率も高いと思うので、行政の硬い内容ではなく、のんびりとした放送を聴きたい。
〔鈴木局長〕聴取率が高い時間帯だからこそ、市民にとって大切な行政の情報はしっかりと放送していきたい。
      ただし、取り扱い内容を市民目線で噛み砕き、わかりやすく親しみやすいものにするよう企画を考えている。
〔 委員 〕どんな音楽を放送するのか。歌詞に問題がある場合はその部分だけカットするのか。
〔鈴木局長〕幅広く様々なジャンルを放送していきたい。
      現在レコード会社から発売されているものは、ほとんど放送上問題がある歌詞は無いが、歌詞の一部に問題があるものは、放送しない方針。
〔 委員 〕「百姓」、「部落」など、伊豆市の人が頻繁に使う用語で差別用語にあたるものはどうするのか。
〔鈴木局長〕パーソナリティは差別用語を使用しないよう努めるが、ゲストで来た地元の方が使用する表現は尊重する。
〔 委員 〕日本全国をみてみると、経営が上手くいっているコミュニティFM放送局と、いっていない局があるようだが、
      他局の事例を参考にして、是非上手に経営していってほしい。
〔鈴木局長〕他局の情報は常に参考にしている。長期的に市民のみなさまのお役に立てるよう、努力していく。
〔 委員 〕緊急地震速報は放送するのか。
〔鈴木局長〕緊急地震速報は有料情報になるので、基本的には市役所からの情報を元に放送する。
〔 委員 〕サイポスレーダーの情報を利用できないのか。
〔鈴木局長〕確認をしたが、ラジオ放送での使用は二次利用となるため、許可出来ないとの回答を得た。
〔鈴木局長〕その他質問や異議がなければ、事務局原案どおりに放送番組審議委員会規程、放送番組編集基準を制定させていただいてよろしいでしょうか。
〔 各委員 〕異議なし。
〔鈴木局長〕今後は、月1回程度集まっていただき、今回制定した放送番組編集基準、放送番組編集基本計画に基づいて、
      FM ISの放送内容に問題がないかを話し合っていただきます。
      そのほか、放送を聴いていて気になった箇所などあった場合は、随時ご意見としてお聞かせください。
      なお、番組審議委員については無報酬とさせていただきたいがよろしいでしょうか。
〔 各委員 〕異議なし。

7.審議機関の答申または意見に対してとった措置の内容及び年月日

放送番組編集基準及び放送番組編集基本計画についての別添内容で承認し、平成25年 6月 6日付けで制定する。

8.審議機関の答申または意見の概要の公表

公表の方法 ①株式会社FM IS事務所への備置き
      ②自社ホームページへの掲載(開局後:6月末予定)

公表の内容 放送番組編集基準及び放送番組編集基本計画の制定について

公表年月日 平成25年 6月28日